悪玉コレステロール減らすには?-食品と食事などの改善方法

MENU

悪玉コレステロールを減らす簡単な方法

悪玉コレステロールを減らす方法

 

コレステロールとは?

 

人間が持つ脂肪の一種であるコレステロール。体の中の細胞やホルモンを生成する役割があるため、人の体には欠かせない存在です。しかし、コレステロール値は高すぎても低すぎても体に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。特に、「悪玉コレステロール」とも呼ばれるLDLコレステロールは、増えずぎると動脈硬化の原因になってしまい、そこから虚血性心疾患や糖尿病、脳梗塞などが引き起こされてしまう可能性もあるので、コレステロール値を下げていくよう治療や生活改善を行っていく必要があります。
「悪玉コレステロール」に対して、HDLコレステロールは血液中の不要なコレステロールを回収し、肝臓に運ぶという作用があり、「悪玉コレステロール」が引き起こす動脈硬化を起こりにくくしてくれるため、「善玉コレステロール」とも呼ばれています。
「悪玉」や「善玉」などという呼び方をされているものの、二種類のコレステロールは両方がバランスを保って体に存在している状態が最も正常であるとされています。しかし、体内の総コレステロール値が高くなると、「悪玉コレステロール」が増え、「善玉コレステロール」が減ってしまうという状態になるため、上記で述べたように動脈硬化などの病気を引き起こしやすくなってしまうのです。

 

コレステロール値を正常にしてくれる「DHA」

 

総コレステロール値が高くなり、異常が出てしまった場合、「悪玉コレステロール」のみを減らしていくことで改善されていきます。そのために効果を発揮してくれるのが、「DHA(ドコサヘキサエン酸)」と呼ばれる栄養素です。
「DHA」には、「悪玉コレステロール」のみを減らしてくれる効果が期待されます。「善玉コレステロール」を減らすことはないので、高くなりすぎた総コレステロール値を正常な状態に戻すためには欠かせない栄養素であると言えます。
また「DHA」は中性脂肪を減らす効果があるということもわかっており、皮下脂肪の増加を防ぎます。「DHA」を含む高度不飽和脂肪酸は、常温で固まらない性質を持っているため、血液の粘り気をなくし、動脈硬化の予防にもつながります。

 

DHAを含む食品とは?

 

DHAを豊富に含んでいると言われる主な食品は、魚です。種類によって含有量に違いがありますが、脂のたっぷり乗った青魚、マグロならトロの部分に多く含まれています。
脂のたっぷり乗った旬の魚を選ぶことで、DHAを豊富に接することができるでしょう。
魚は、日ごろの食生活にも取り入れやすい食品です。コレステロール値に不安のある人は、旬の魚をたくさん食べるように心がけてDHAをたっぷり摂取し、健康的な体を目指していきましょう。

 

悪玉コレステロールをすぐに減らすには?

 

年齢を重ねるごとに気なってくるコレステロール値ですが、健康に害を与えるのはコレステロールの中でも「悪玉コレステロール」と呼ばれる種類のものです。動脈硬化などを引き起こす原因となるものですが、総コレステロール値が高くなればなるほど、「善玉コレステロール」ではなく「悪玉コレステロール」が増えてしまう傾向にあります。
そんなやっかいな存在である「悪玉コレステロール」を減らすには、どのような方法があるのでしょうか?

 

まずは生活改善を!

 

コレステロールの増加による、動脈硬化などの病気は、生活習慣病と呼ばれるものです。生活習慣病を簡単に治療していくためには、当然生活習慣の改善を図っていく必要があります。
食事や運動などを見直していくことは、健康な体を手に入れるための第一歩であり、もっとも大切なことであると肝に銘じておきましょう。

 

食生活を改善する

 

生活習慣の改善として、最も簡単に始めることのできるのが食生活を見直すことです。
コレステロールの高い肉やファストフード、ラーメンなどのこってりした料理、揚げ物、甘いお菓子などを食べ過ぎてはいませんか?
コレステロール値に不安のある人は、それらの好物をいったん断つか、食べる量や回数を減らしていく必要があります。
コレステロール値を下げる効果を持つ食品としては、もっとも効果的と考えられるのはブリやサンマなどの青魚です。青魚には「DHC(ドコサヘキサエン酸)」と呼ばれる栄養素が含まれており、これはコレステロール値を下げていく治療には欠かせないものと言えます。
その理由は、「DHC」は善玉コレステロールは減らさず、悪玉コレステロールだけを減らしてくれると言う効果を持っているためです。必須脂肪酸と言われ、体内では作り出せないものなので、コレステロール値を下げたいと思っている人は積極的に「DHC」を含む食品を摂取していく必要があります。青魚などは日ごろの食事にも取り入れやすいため、意識してメニューに加えるようにしていきましょう。

 

運動する

 

コレステロール値を下げるためには適度な運動も必要です。
効果的な運動としては、スイミング、ジョギング、ウォーキングなどが挙げられます。
スイミングは、早く泳ぐことよりも長時間泳ぐことを心がけましょう。全身運動でもエネルギー消費がとても効果的なため、水中ウォーキングも最適です。
ジョギングは、一週間に20キロ程度を目標にしましょう。無理せず自分の体調や気候に合わせて続けていくことが大切です。
ウォーキングも同じで、身体に負担をかけすぎないよう、無理なく続けていくようにしましょう。
一回の運動量を多くとろうとするよりも、定期的に続けていけるように自分のペースに合った運動を選んで行うようにしましょう。